動線に配慮した収納スペース

家造りを行う大部分の人が収納に力を入れることと思います。収納は一か所に大きな収納スペースを設けているだけでは満足度に繋がりません。もちろん大型の収納庫があると便利ですが、必要な場所にきちんと必要な物を収納できるようにしておくことも大事です。物を収納できるだけでなく、収納している物を出し入れしやすいようにしておくことも大切です。

そこでまず場所によって、どれだけ収納しておきたいものがあるかを把握することが大事です。それに合わせて収納スペースを確保します。加えて動線に配慮して収納スペースを設けることを忘れてはいけません。

例えば、玄関と洗面室の間にウォークスルークローゼットを設けます。そうすれば、帰宅してこのクローゼットに着ていた上着やカバンをしまい、その先の洗面室で手洗いを行い、リビングへ向かいます。帰宅してからリビングまで住宅内を行ったり来たりする無駄な動きがなく、スムーズに移動ができるのです。帰宅してリビングに直行すると外出先で着ていた上着が脱ぎっぱなしになっていたり、カバンが床に散らかり、手洗いへ行くのも面倒になりがちです。リビングに物が散らかるのを解消させるために、そして手洗いがスムーズに行えるように玄関とウォークスルークローゼット、洗面室、リビングと動線を意識するのです。

また、家事を行う上でキッチンと洗面室は一日何度も行き来を行います。この二つの空間を繋ぐ形でウォークスルー収納を設けます。通路の片側をキッチンパントリーとして、もう片側を洗面クローゼットとして利用すれば、行く先で必要な物をサッと取り出し利用できるのです。動線に注目して収納スペースを設けことでより満足度の高い住まいとなるのです。

ママのワークスペース

ママが行う家事は立って行われるものばかりではなく、座って行うものもあります。家計簿を付けたり、裁縫をしたり、子ども達のスケジュール管理や学校関連の書類の記入など座って行う作業も多いだけにママのためのワークスペースをしっかりと設けておくといいでしょう。

これらの作業が子ども達に邪魔されにくく、スムーズに行うことができるのはもちろん、家事や育児の合間の休憩スペースとしても最適なのです。主婦の多くは一日の大半をキッチンで過ごすためキッチンからより近い場所に設けておくといいでしょう。我が家はキッチン横に設けました。リビングで遊ぶことも達の様子を確認しながら、これらの作業を集中して行うことができますし、キッチンで料理をしているちょっと空いた時間を利用して、ホッと一息休憩することもできるのです。家事や育児の合間の時間をより有効活用しやすいのです。

リビングとの境には腰壁を設け、この腰壁にカウンターも造りつけました。横幅と奥行を確保し、パソコンや書類を広げて作業がしやすいようにしました。腰壁があることでリビングとの一体感を確保しながらも、ワークスペースが独立した空間のようにも感じられます。朝はここでお化粧をしたり、自分の居場所があることでホッと安らげ、わずかな自分の時間を満喫できているのです。

私の友人は、キッチン奥に設けたウォークインパントリー内にこのようなワークスペースを設けています。リビングから見えない位置に設けられたワークスペースであるだけに、学校からのプリントを掲示していても生活感をリビングへ与えることもありませんし、個室にいるかのような気持ちになるため自分の時間をより大切にすることができるのです。このようなスペースを設けて自分の時間を大事にしたいものですね。

作り手に伝えたいライフスタイル

ライフスタイルとは、それぞれの生活の仕方や生き方のことです。収納計画を立てるときに必要な物に関わるライフスタイルや動線について考えてみました。
 
収納に関わるライフスタイルの例を見てみましょう。
子供はどこで勉強しますか?・・・大きくなれば子供部屋で勉強することが多いですが、小学生の間はダイニングや、リビングでする等、家庭によって違います。ダイニングやリビングで勉強をする場合には、勉強道具を収納できると便利です。宿題だけするのか、それとも学校の道具すべてをリビングやダイニングに置いておくのかによっても収納空間が変わってきます。
お化粧をする場所は?・・・昔は三面鏡を和室や寝室に置いて、そこでお化粧する人が多かったのですが、今は三面鏡だけでなく、洗面化粧台でする人、またはリビングでする人まで様々です。リビングでするのであれば、リビングにお化粧セット置き場をつくってみてはどうでしょう?
下着はどこに置くか?・・・自分の部屋に置く、洗面脱衣室にまとめて置く、子供が小さい間はリビングに置く家庭も多いのではないでしょうか?子供が小さいうちだけなので、可変を持たせなければなりませんが、10年近くリビングに下着や子供服を置く場合もあります。先を見越して収納計画を立てましょう。

このように細かくライフスタイルを考え、朝起きてから寝るまでの動線を図面上で描いてみます。朝の着替えや掃除、洗濯機から取り込むまでの動線などを描いていくと、使う物がどこに収められていれば一番便利なのかがわかります。
ライフスタイルと間取りが合っていないと、生活しにくく片付かない空間になってしまいます。自分にとって一番よい収納場所について考えてみてはいかがでyそう?

居心地のいい空間造り

今までは廊下を設け空間を細分化した住宅が多かったですが、最近では廊下がデッドスペースとして考えられるようになり、壁や間仕切りで空間を細分化するのではなく、できるだけ視界を遮る壁や間仕切りを設けず、空間の繋がりを大事にした空間造りが取り入れられています。

視界が奥にまで繋がることでより広さや開放感が得られますし、明るさを通しやすいだけでなく、風通しの良さも得られるのです。そして、家で孤立する場所がなくなり、自然と家族がリビングへ集まりやすくなり、家族のコミュニケーションをより大切にすることができるのです。

しかし、壁や間仕切りが全くなくなってしまうと空間のメリハリが損なわれ、居心地の良さも低減してしまいがちです。空間の繋がりを保ったまま空間のメリハリを付けることで各空間の居心地の良さを確保できるのです。それは程よい高さで区切った腰壁を取り入れたり、アーチ状の垂れ壁で空間と空間を繋ぐのです。視線を抜けさせつつ間仕切りの役目を果たしてくれます。

我が家は、ダイニングとリビングのメリハリをつけるために、これらの境に木の格子を設けました。木がLDKのアクセントとなりインテリア性を高めているだけでなく、食事をするスペースとくつろぐスペースを緩やかに区切ったのです。互いの視線を緩やかにカットしながらも明るさをしっかり通すため互いの空間が閉鎖的な印象となることもありません。

このようにして各空間の快適性を高めるのもいいでしょう。または、床の素材を変えて空間のメリハリを出したり、床の高さを変えてみるのもいいと思います。空間の繋がりとメリハリを大事に空間造りを行いましょう。

洗濯への不満をなくす和室

我が家の和室はリビングの延長上に設けました。リビングの先にはウッドデッキを設けており、和室からもこのウッドデッキへと行き来ができるようになっています。ウッドデッキには洗濯物干し場を設けています。ウッドデッキと和室の動線を確保していることで和室に室内物干しを設けました。

使わない時はスッキリと天井に収められるため一切邪魔になることはありません。使用する時は手の届きやすい位置まで降ろせば洗濯物を干しやすく、体に負荷がかかりません。急な雨の時や、乾いた洗濯物を一時置きする際にサッと取りこめ干すことができるので重宝しています。雨の時や夜洗濯を行った際にもこの室内干しを活躍しています。

和室では洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたりすることも多いです。そこで和室に床の間などを設けずにファミリークローゼットを設けました。家族の衣類をここ一か所で管理することで、たたんだ洗濯物をその場でサッとしまえます。たたむ→しまうという作業が一番家事の中で苦手だったのですが、このようにしたことで苦手だった家事を解消できました。

和室では着替えをすることも多かったのですが、ここにファミリークローゼットを設けたことで、家族にとっても着替えがしやすく便利さを実感できる空間となっています。洗濯物を干す・一時置きする・たたむ・アイロンがけをする・しまう・着替えると洗濯への不満を解消し、衣類の管理がしやすくなった和室は、なくてはならないスペースの一つとなっています。

浮造りの床

我が家はの床は水廻り以外全て無垢材を使用しました。無垢材の床は、木の本来の温もりを与えてくれ心が癒される空間が広がります。人や環境に優しい無垢材に、表面は気の素材感が溢れるようにと浮造り加工を施してもらいました。

浮造り加工とは、木材加工方法の一つで、木の表面を丁寧に何度もこすり、年輪を浮き上がらせるものです。自然な凹凸が足の裏を優しく、そして心地よく刺激してくれるのです。足裏のマッサージ効果が得られるだけでなく、子ども達の滑り止めや偏平足予防にも効果があります。この凹凸が足裏のツボを心地よく刺激して血行を良くし、冷え症の人にも効果的です。

そして、凹凸が室内の光を拡散し、目に優しい空間を作り、眼精疲労も和らげます。合板のフローリングが普及していますが、無垢材を利用することで木目の美しさを見て癒され、実際に触れることで感触の良さを実感できます。合板フローリングは、夏はペタッと張り付いたような感触で、冬はヒヤッと冷たく裸足で歩くことができません。しかし、無垢材であれば夏はサラサラした肌触りですし、冬はほのかに温かみを感じられるため裸足で過ごしたくなるほどなのです。

子どもがおもちゃを床に落としてもキズがあまり気になりませんし、経年変化を楽しみながら味わい深さを増す床は魅力にあふれているのです。合板フローリングに比べると少々割高ではあるのですが、その分の魅力は十分に得られるのでお勧めです。

階段の位置

私の仲のいい友人に新築を建設中の人がいます。私もマイホーム購入を検討しているだけにその友人に会うと住宅について話すことが多くなりました。私の一歩先をいくその友人の話は大変勉強になります。その中で一番勉強になり、また悩む点でもあるのが階段を設ける位置です。

2階と1階を繋ぐ階段ですがこの階段のある位置によって生活環境や住宅の快適性が大きく変わってくるというのです。最近ではリビング内に階段を設ける間取りが増えてきました。しかしその友人はリビングには設けず、玄関近くに階段を設けるようにしたのです。理由を聞いてみると、まずは冷暖房の効率を考えての決断、そしてリビングの空間に階段があると圧迫感を感じるということでした。

実際、リビングに階段を設けている間取りにした知人が、冷暖房の効率が悪いと話していました。なので階段前に扉を設け冷暖房の効率を良くしたというのです。リビングに階段を設けることの魅力としては家族がいつも顔を合わす機会が増えるということです。家族がいる場所に階段を設けることでコミュニケーションの取れやすさにも関わってきます。何を重視するかによっても階段を設置する位置は変わってくるのかもしれません。

何気なく使っている階段ですが、使用頻度は高くその階段の位置で住宅内の間取りも大きく変わってきます。見落としがちな部分ですがこのような部分にまで目を向けることで住みやすさや住宅への満足度も変わってくるのだなと改めて感じました。新築住宅の階段の位置を考え最高の間取りになるようにしたいと思います。

自然素材と暮らす家

我が家の家造りは、素材に注目して、快適な暮らしを得ると共に家族の健康をしっかり維持できる住まいを目指したのです。近年、住宅の高気密・高断熱化が進み、化学物質を含有した建材が多く用いられています。それによって室内の空気が汚染され、そこで住む人の健康を損なってしまうことがあるのです。せっかく購入したマイホームが家族の健康を損なってしまうような住まいになってしまっては意味がありません。

そこで我が家は、床材、建具、柱、階段、手すりにいたるまで無垢材を使用しました。地元の杉を使用したため木材利用ポイントの補助金もありお得に家造りを進められたのです。特に肌が直接触れることが多い床材は浮造りの床にして、触感を大事にしたのです。浮造りとは、柔らかい部分を磨きながら削ぎ落として木目を浮き上がらせ、見た目にも美しく、肌触りを良くしてくれるのです。あえて塗装をせずに木の香りが漂う室内にしました。

無垢材の床は、夏でもサラサラした肌触りですし、冬でもヒヤッと冷たい感触がないので一年を通して裸足で暮らしたくなるほどです。合板フローリングに比べて割高な素材ではありますが、その分魅力もたくさんあるのです。

そして壁には漆喰を用いました。暖かな肌触りと温もりを与えてくれ、十分な強度を保つことができます。化学接着剤や化学塗料を全く使用していないので、とても体に優しく安全な壁材と言えるのです。夏は湿気を吸収し、冬は水分を供給して湿度調整を行います。これは日本の家屋に最も適した壁材であると言えるのです。素材にこだわることで快適な住まい、そしてそこで住む家族の健康をしっかりと守れる住まいとなるのです。

LDKにメリハリを

最近ではLDKの境に壁や間仕切りなどを設けず一体化したLDKが設けられることが多いです。壁や間仕切りがないことで、空間的な繋がりを感じられるため広さや開放感が得られるだけでなく、家族のコミュニケーションが取りやすい住まいとなるのです。しかし、壁や間仕切りが全くないというのも空間が間延びしてしまいますし、空間のメリハリも損なわれてしまいます。空間にメリハリをつけることで、生活にもメリハリが生まれるので、適度にメリハリをつけてより暮らしやすい住まいに仕上げたいものです。

空間的な繋がりを大事にしながらも、それぞれの空間をゾーニングするには高低差をつけるのが有効的です。最近ではリビングに隣接した和室が設けられることも多いです。洋風空間と和の空間が隣り合わせに配置されるので違和感を感じないようにしておきたいものです。このような場合、和室を小上がりにして高さを設けることで、空間的な繋がりは大事にしながらも洋と和の空間にメリハリも生まれます。

また、家族がくつろぐリビングをよりくつろげるようにリビング部分をダウンフロアにするのもいいと思います。ダウンフロアにすることで天井が高くなり、広さを感じますしこもり感がリビングの居心地の良さを高めてくれるのです。他には、ダイニングとリビングの境に木の面格子を設けておくのもいいでしょう。この面格子がLDKのアクセントにもなりますし、互いの視線を緩やかにカットできます。しかし明るさはしっかり通すため閉鎖的な印象になることもありません。LDKのメリハリをつけながらより居心地のいい空間造りをしましょう。

パートナー探し

家造りはまずは業者を選ぶことから始まります。実はこのパートナー選びが最大のポイントだと知っていますか。希望に合った、または希望以上の家ができあがるかどうかは、最適なパートナーに出会えるかどうかにかかっていると言っても過言ではないのです。大手ハウスメーカーから地元の工務店まで合わせると数多くの業者が存在します。その中から一社選びだすのは容易なことではないのですが、しっかりとこの業者選びをしてほしいと思います。

住宅において何を重視するかでも変わってきます。例えば、大手ハウスメーカーであれば、それぞれのメーカーでブランドが確立されているため、一目見ただけでどこのハウスメーカーのものなのかが分かるものも多いです。大量生産とは異なりオンリーワン住宅を目指すのであれば工務店の方が向いているのかもしれません。

また、予算を重視する人も工務店の方がいいでしょう。大手ハウスメーカーは広告宣伝費やモデルハウス維持管理費などさまざまな経費が建築費に上乗せされてしまいます。そのため価格がどうしても高めになってしまうのです。標準仕様の価格で考えていても、オプション要素で金額が高くなっていくことも多いのです。

しかし、地元の工務店は、世間一般的に会社規模が小さいため不安視する人も多いです。会社としての規模が大きく、社会的ブランド力を持っている大手ハウスメーカーの方が安心だと感じる人もいると思います。それぞれに特徴があるため、まずは自分達がどのような家にしたいのかを明確にして、大手ハウスメーカーがいいのか、工務店の方がいいのか見分けてみるのもいいのではないでしょうか。