Archive for the ‘住宅’ Category

吹き抜けリビング

我が家はリビングの一部分に吹き抜けを設けました。吹き抜けを設けるかどうかは最後まで非常に悩んだ部分でもあります。吹き抜けを設けることで冷暖房効率を下げてしまうということが気になりましたし、二階のスペースが減ってしまうのも気になりました。

しかし、リビングを設けることで一階と二階の距離がグンと縮まりますし、より明るく開放感で溢れたリビングが広がるため快適性の高い空間となっています。二階にまで視線が繋がることで面積以上の広さを実感できています。我が家はこのリビングに面して二階のホールが設けられており、このホールが6帖ほどの広さがあるため子どもが遊んだり、寝る前の時間家族みんなでここで集まって過ごしたりできるファミリースペースとして利用しています。

一階と二階で別々のフロアで過ごしていても家族の繋がりを得られ、一階と二階で会話もしやすく安心できます。気になる冷暖房効率ですが、建物の断熱性や熱の出入り口で一番大きな窓の断熱性をしっかりと高めておいたことで、冷暖房効率を下げることもありませんし、むしろ一階と二階で温度差の少ない住まいにすることができています。面積は広いので冷暖房を使用した最初の動力は大きくなってしまうのですが、光熱費に大きく影響することもありません、二階のスペースが減ってしまうのはどうすることもできないのですが、ファミリースペースを中心に各部屋へ行き来するような間取りにしたことで、廊下を設ける必要がなくなり、廊下がないことで各空間をより広々と確保し、スペースを有効活用しやすくなっているのです。総合的に考え、リビングに吹き抜けを設けて良かったと感じています。

1坪洗面室

我が家の洗面室の広さは1坪です。今までは洗面室の広さというと1坪というのが一般的な広さでした。しかし、最近では1坪以上の広さに余裕のある洗面室が設けられることが多いです。しかし、1坪でも工夫次第で十分利用しやすい洗面室になると感じています。限られた広さの空間となるだけにデッドスペースを生まないことが第一です。

そこで洗面室の扉を引き戸にしました。引き戸なら扉の開閉時にデッドスペースを生まず空間を効率よく利用できます。そして、窓は天井近くの高い位置に横長のものを設置しました。高い位置に窓を設けることで壁面を確保できますし、物で窓をふさぐこともありません。そのため明るさをしっかりと確保できますし、チェーンで開閉できるものにしているので風通しもしっかりと得られるのです。

この窓の下に洗面化粧台と洗濯機を横並びに配置しています。これら二つの間には30㎝ほどの隙間が生まれます。ここの隙間には洗面化粧台の高さと奥行を合わせた隙間収納を設けています。わずかな収納スペースのようにも感じると思いますが、お化粧道具やヘアアイロン、洗濯用洗剤やタオル類など意外とここの収納スペースや役立っているのです。そして、洗濯機の上部の壁面を利用して可動オープン棚を設けて、ここに家族の下着やパジャマを収納しています。このように限られた広さでも工夫をすることで必要な物がきちんと揃い、利用しやすい空間を実現させることができるのです。

キッチンパントリー

キッチンに欠かせないパントリー。どうせ設けるのであれば、ウォークイン型のパントリーを設け、食材やキッチン関連用品を大容量に収納できるだけでなく、ママのワークスペースとして、また外との繋がりを持たせてゴミ箱の管理や買い物からの帰宅時に荷物の搬入がしやすいパントリーを設け、家事がより行いやすい環境を整えておきたいものです。

キッチンとパントリーの境には建具を設けずアーチ状の垂れ壁で繋ぎます。物を出し入れする機会も多いだけに建具がないことで物の出し入れの際に建具を開けたり、閉めたりする手間が省け、行き来のスムーズさを確保できます。入って片側には食材や調理器具などをしっかりと整理できるようにします。収納する物に合わせて浅型の棚と奥行のある棚を設けておくと、物が整理しやすく、また出し入れのしやすさ、物の把握のしやすさが高まります。食べ物を収納するだけに賞味期限などしっかりとチェックしやすく管理しておける環境を整えておきたいものです。

そして、反対側にはカウンターを造り付けママのワークスペースや家事や育児の合間の休憩スペースとして利用します。リビングから見えない部分に自分の居場所があることで、個室で過ごしているかのように自分の時間をより大切にできるのです。裁縫をしたり、家計簿をつけたり、子ども達のスケジュール管理や宿題のチェックなどここで行うことができます。また、キッチンで煮込み料理の煮込んでいる時間にコーヒー片手にくつろぐのもいいでしょう。

そして、パントリーに勝手口を設け外との繋がりを確保します。土間部分には分別ごみを並べて整理することができますし、カーポートとの動線にも配慮しておけば買い物の荷物を車からパントリーへとスムーズに搬入できます。荷物を運ぶ手間が省けますし、食材の整理のしやすさも高まります。利用しやすいパントリーを設けたいものです。

家事室

家事の中で体力が必要なのが、洗濯です。洗濯は毎日行う家事の一つですし、家族が多い家庭では一日2回洗濯を行うこともあるでしょう。洗濯を終えた洗濯物を抱えて洗濯物干し場へと移動するのは若い時はいいのですが、妊娠した時や高齢になり足腰が弱ってくると体に負担がかかってしまいます。そこでこの洗濯をより効率よく、体に負担がかからないようにしたいと希望する主婦も多いのです。乾いた洗濯物を各クローゼットにしまうのはつい面倒と感じてしまいがちですし、アイロンがけがスムーズに行えるスペースが欲しいものです。

そこで最近では洗濯物を洗う・干す・たたむ・しまうという作業が同じスペースで行える家事室を設ける家庭が増えてきています。これらの家事を移動することなく同じ場所で行うことができることで、家事効率がグンと高まり家事の時短に繋がります。洗面室に洗濯機を設置する家庭も多いことから、この洗面室の広さを確保し家事スペースを兼ねるケースも多いです。キッチンと洗面室は家事を行う上でよく行き来をするだけに二つの空間を繋ぐ形でこの家事室を設けておきます。

そして、家事室やその先に広がる洗面室には外との繋がりを確保し、勝手口の先に洗濯物干し場を完備しておくのです。もちろん家事室の天井には室内干しを設けておきます。屋外で干している洗濯物をサッとこの室内干しへ移動させることができますし、雨などの悪天候時や夜洗濯を行った場合でも洗濯物干し場に困りません。その場でたたんだり、アイロンがけがスムーズに行えるように作業カウンターを設けておきます。カウンターの下にはアイロン台やアイロン、洗濯関連用品などをしっかりと収納できるようにしておきます。

そして、壁には天井いっぱいに広がるファミリークローズアップを設けておけば、たたんだ洗濯物やアイロンがけをした洗濯物をサッとしまうことができます。また、家族にとっても着替えをスムーズに行えるため便利なのです。家事を楽しいと感じられるようにまずはしっかりと環境を整えたいものです。

動線に配慮した収納スペース

家造りを行う大部分の人が収納に力を入れることと思います。収納は一か所に大きな収納スペースを設けているだけでは満足度に繋がりません。もちろん大型の収納庫があると便利ですが、必要な場所にきちんと必要な物を収納できるようにしておくことも大事です。物を収納できるだけでなく、収納している物を出し入れしやすいようにしておくことも大切です。

そこでまず場所によって、どれだけ収納しておきたいものがあるかを把握することが大事です。それに合わせて収納スペースを確保します。加えて動線に配慮して収納スペースを設けることを忘れてはいけません。

例えば、玄関と洗面室の間にウォークスルークローゼットを設けます。そうすれば、帰宅してこのクローゼットに着ていた上着やカバンをしまい、その先の洗面室で手洗いを行い、リビングへ向かいます。帰宅してからリビングまで住宅内を行ったり来たりする無駄な動きがなく、スムーズに移動ができるのです。帰宅してリビングに直行すると外出先で着ていた上着が脱ぎっぱなしになっていたり、カバンが床に散らかり、手洗いへ行くのも面倒になりがちです。リビングに物が散らかるのを解消させるために、そして手洗いがスムーズに行えるように玄関とウォークスルークローゼット、洗面室、リビングと動線を意識するのです。

また、家事を行う上でキッチンと洗面室は一日何度も行き来を行います。この二つの空間を繋ぐ形でウォークスルー収納を設けます。通路の片側をキッチンパントリーとして、もう片側を洗面クローゼットとして利用すれば、行く先で必要な物をサッと取り出し利用できるのです。動線に注目して収納スペースを設けことでより満足度の高い住まいとなるのです。

ママのワークスペース

ママが行う家事は立って行われるものばかりではなく、座って行うものもあります。家計簿を付けたり、裁縫をしたり、子ども達のスケジュール管理や学校関連の書類の記入など座って行う作業も多いだけにママのためのワークスペースをしっかりと設けておくといいでしょう。

これらの作業が子ども達に邪魔されにくく、スムーズに行うことができるのはもちろん、家事や育児の合間の休憩スペースとしても最適なのです。主婦の多くは一日の大半をキッチンで過ごすためキッチンからより近い場所に設けておくといいでしょう。我が家はキッチン横に設けました。リビングで遊ぶことも達の様子を確認しながら、これらの作業を集中して行うことができますし、キッチンで料理をしているちょっと空いた時間を利用して、ホッと一息休憩することもできるのです。家事や育児の合間の時間をより有効活用しやすいのです。

リビングとの境には腰壁を設け、この腰壁にカウンターも造りつけました。横幅と奥行を確保し、パソコンや書類を広げて作業がしやすいようにしました。腰壁があることでリビングとの一体感を確保しながらも、ワークスペースが独立した空間のようにも感じられます。朝はここでお化粧をしたり、自分の居場所があることでホッと安らげ、わずかな自分の時間を満喫できているのです。

私の友人は、キッチン奥に設けたウォークインパントリー内にこのようなワークスペースを設けています。リビングから見えない位置に設けられたワークスペースであるだけに、学校からのプリントを掲示していても生活感をリビングへ与えることもありませんし、個室にいるかのような気持ちになるため自分の時間をより大切にすることができるのです。このようなスペースを設けて自分の時間を大事にしたいものですね。

作り手に伝えたいライフスタイル

ライフスタイルとは、それぞれの生活の仕方や生き方のことです。収納計画を立てるときに必要な物に関わるライフスタイルや動線について考えてみました。
 
収納に関わるライフスタイルの例を見てみましょう。
子供はどこで勉強しますか?・・・大きくなれば子供部屋で勉強することが多いですが、小学生の間はダイニングや、リビングでする等、家庭によって違います。ダイニングやリビングで勉強をする場合には、勉強道具を収納できると便利です。宿題だけするのか、それとも学校の道具すべてをリビングやダイニングに置いておくのかによっても収納空間が変わってきます。
お化粧をする場所は?・・・昔は三面鏡を和室や寝室に置いて、そこでお化粧する人が多かったのですが、今は三面鏡だけでなく、洗面化粧台でする人、またはリビングでする人まで様々です。リビングでするのであれば、リビングにお化粧セット置き場をつくってみてはどうでしょう?
下着はどこに置くか?・・・自分の部屋に置く、洗面脱衣室にまとめて置く、子供が小さい間はリビングに置く家庭も多いのではないでしょうか?子供が小さいうちだけなので、可変を持たせなければなりませんが、10年近くリビングに下着や子供服を置く場合もあります。先を見越して収納計画を立てましょう。

このように細かくライフスタイルを考え、朝起きてから寝るまでの動線を図面上で描いてみます。朝の着替えや掃除、洗濯機から取り込むまでの動線などを描いていくと、使う物がどこに収められていれば一番便利なのかがわかります。
ライフスタイルと間取りが合っていないと、生活しにくく片付かない空間になってしまいます。自分にとって一番よい収納場所について考えてみてはいかがでyそう?

居心地のいい空間造り

今までは廊下を設け空間を細分化した住宅が多かったですが、最近では廊下がデッドスペースとして考えられるようになり、壁や間仕切りで空間を細分化するのではなく、できるだけ視界を遮る壁や間仕切りを設けず、空間の繋がりを大事にした空間造りが取り入れられています。

視界が奥にまで繋がることでより広さや開放感が得られますし、明るさを通しやすいだけでなく、風通しの良さも得られるのです。そして、家で孤立する場所がなくなり、自然と家族がリビングへ集まりやすくなり、家族のコミュニケーションをより大切にすることができるのです。

しかし、壁や間仕切りが全くなくなってしまうと空間のメリハリが損なわれ、居心地の良さも低減してしまいがちです。空間の繋がりを保ったまま空間のメリハリを付けることで各空間の居心地の良さを確保できるのです。それは程よい高さで区切った腰壁を取り入れたり、アーチ状の垂れ壁で空間と空間を繋ぐのです。視線を抜けさせつつ間仕切りの役目を果たしてくれます。

我が家は、ダイニングとリビングのメリハリをつけるために、これらの境に木の格子を設けました。木がLDKのアクセントとなりインテリア性を高めているだけでなく、食事をするスペースとくつろぐスペースを緩やかに区切ったのです。互いの視線を緩やかにカットしながらも明るさをしっかり通すため互いの空間が閉鎖的な印象となることもありません。

このようにして各空間の快適性を高めるのもいいでしょう。または、床の素材を変えて空間のメリハリを出したり、床の高さを変えてみるのもいいと思います。空間の繋がりとメリハリを大事に空間造りを行いましょう。

洗濯への不満をなくす和室

我が家の和室はリビングの延長上に設けました。リビングの先にはウッドデッキを設けており、和室からもこのウッドデッキへと行き来ができるようになっています。ウッドデッキには洗濯物干し場を設けています。ウッドデッキと和室の動線を確保していることで和室に室内物干しを設けました。

使わない時はスッキリと天井に収められるため一切邪魔になることはありません。使用する時は手の届きやすい位置まで降ろせば洗濯物を干しやすく、体に負荷がかかりません。急な雨の時や、乾いた洗濯物を一時置きする際にサッと取りこめ干すことができるので重宝しています。雨の時や夜洗濯を行った際にもこの室内干しを活躍しています。

和室では洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたりすることも多いです。そこで和室に床の間などを設けずにファミリークローゼットを設けました。家族の衣類をここ一か所で管理することで、たたんだ洗濯物をその場でサッとしまえます。たたむ→しまうという作業が一番家事の中で苦手だったのですが、このようにしたことで苦手だった家事を解消できました。

和室では着替えをすることも多かったのですが、ここにファミリークローゼットを設けたことで、家族にとっても着替えがしやすく便利さを実感できる空間となっています。洗濯物を干す・一時置きする・たたむ・アイロンがけをする・しまう・着替えると洗濯への不満を解消し、衣類の管理がしやすくなった和室は、なくてはならないスペースの一つとなっています。

浮造りの床

我が家はの床は水廻り以外全て無垢材を使用しました。無垢材の床は、木の本来の温もりを与えてくれ心が癒される空間が広がります。人や環境に優しい無垢材に、表面は気の素材感が溢れるようにと浮造り加工を施してもらいました。

浮造り加工とは、木材加工方法の一つで、木の表面を丁寧に何度もこすり、年輪を浮き上がらせるものです。自然な凹凸が足の裏を優しく、そして心地よく刺激してくれるのです。足裏のマッサージ効果が得られるだけでなく、子ども達の滑り止めや偏平足予防にも効果があります。この凹凸が足裏のツボを心地よく刺激して血行を良くし、冷え症の人にも効果的です。

そして、凹凸が室内の光を拡散し、目に優しい空間を作り、眼精疲労も和らげます。合板のフローリングが普及していますが、無垢材を利用することで木目の美しさを見て癒され、実際に触れることで感触の良さを実感できます。合板フローリングは、夏はペタッと張り付いたような感触で、冬はヒヤッと冷たく裸足で歩くことができません。しかし、無垢材であれば夏はサラサラした肌触りですし、冬はほのかに温かみを感じられるため裸足で過ごしたくなるほどなのです。

子どもがおもちゃを床に落としてもキズがあまり気になりませんし、経年変化を楽しみながら味わい深さを増す床は魅力にあふれているのです。合板フローリングに比べると少々割高ではあるのですが、その分の魅力は十分に得られるのでお勧めです。