Archive for the ‘家造り’ Category

作り手に伝えたいライフスタイル

ライフスタイルとは、それぞれの生活の仕方や生き方のことです。収納計画を立てるときに必要な物に関わるライフスタイルや動線について考えてみました。
 
収納に関わるライフスタイルの例を見てみましょう。
子供はどこで勉強しますか?・・・大きくなれば子供部屋で勉強することが多いですが、小学生の間はダイニングや、リビングでする等、家庭によって違います。ダイニングやリビングで勉強をする場合には、勉強道具を収納できると便利です。宿題だけするのか、それとも学校の道具すべてをリビングやダイニングに置いておくのかによっても収納空間が変わってきます。
お化粧をする場所は?・・・昔は三面鏡を和室や寝室に置いて、そこでお化粧する人が多かったのですが、今は三面鏡だけでなく、洗面化粧台でする人、またはリビングでする人まで様々です。リビングでするのであれば、リビングにお化粧セット置き場をつくってみてはどうでしょう?
下着はどこに置くか?・・・自分の部屋に置く、洗面脱衣室にまとめて置く、子供が小さい間はリビングに置く家庭も多いのではないでしょうか?子供が小さいうちだけなので、可変を持たせなければなりませんが、10年近くリビングに下着や子供服を置く場合もあります。先を見越して収納計画を立てましょう。

このように細かくライフスタイルを考え、朝起きてから寝るまでの動線を図面上で描いてみます。朝の着替えや掃除、洗濯機から取り込むまでの動線などを描いていくと、使う物がどこに収められていれば一番便利なのかがわかります。
ライフスタイルと間取りが合っていないと、生活しにくく片付かない空間になってしまいます。自分にとって一番よい収納場所について考えてみてはいかがでyそう?

我が家の階段下

階段を設けることでデッドスペースが生まれてしまいます。このデッドスペースをどのように活用するかで住宅の満足度も変わってきます。階段のスタイルによってもデッドスペースの活用法は変わってきます。

我が家の階段は廻り階段です。我が家は階段下にできるデッドスペースをトイレとして活用しました。便器を設置している天井部分は、階段下ということで天井が低くなっています。しかし用を足すのに全く支障はありません。通常のトイレに比べると天井が低い部分があるので圧迫感を感じるかもしれませんが、私は上手に空間を利用しているなと完成を見て感じました。

また階段の上り口から中間の踊り場部分までのデッドスペースはトイレの収納として活用します。広さのある収納スペースを確保できたので、トイレットペーパーを特売日に買い込んでもそのままトイレ収納にしまっておくことができます。その他サニタリー用品やトイレ用のタオルなどをしまう場所として重宝することでしょう。トイレ内で必要な物を全て同スペースに収納しておけるので便利さを実感できると思います。

階段下のデッドスペースの活用法で一番多いのが収納です。住宅への不満で多く挙げられるのが収納スペースの少なさです。この不満を解消するためにデッドスペースを有効活用させ収納スペースを確保するのです。しかし階段下という特殊な形状を上手に活用しなければ、物の出し入れがしづらい使い勝手のあまりよくない収納スペースとなってしまうのです。我が家は階段下にトイレを設けたことで、他のスペースを有効的に使え、トイレ収納も充実しているので良かったと思っています。

失敗しない家造りをするには

私の周りにも新築住宅を購入している人は大変多いです。
我が家もそんな友人達に続いて新築住宅を建てる決意をしました。
住宅購入は人生最大の買い物となります。
後悔や失敗をしたくはありません。それだけについつい慎重になってしまいます。

失敗しない家造りをするには一番重要なのはハウスメーカー選びではないでしょうか。
このハウスメーカーとの出会いによって自分達が理想とする家を実現できるかどうかが決まってくると思います。
特に注文住宅でよく聞くのは自分が思い描いていたものと完成が違いトラブルになることです。綿密に打ち合わせをしてもこのような結果になる場合もあります。

そこで大切なのが互いの信頼関係だと思います。
家造りをする人の大半が住宅に無知な人です。より信頼できる相手でなければ高額な住宅を任せることはできないのです。ハウスメーカー選びを一番重視するべきだと思います。

他には予算をはるかにオーバーしてしまったという失敗談です。
ハウスメーカーを選ぶ際には利益主義でない方がいいと思います。
金額がかさむ変更を検討する場合には節約できる提案も同時にしてくれるような良心的なハウスメーカーと出会いたいものです。
限られた予算でいかに満足できる家にするかはハウスメーカーの腕の見せ所なのです。信頼でき親身に我々の話に耳を傾けてくれるようないい業者との出会いが家造りを成功させるための秘訣だと思います。

大手ハウスメーカーから地元の工務店まで合わせると大変多いです。
その中から一社を選び依頼するのは非常に難しいですがここは妥協せず、しっかりと見極めなければいけないと思います。

ロフトのある家

マイホームを購入しようと検討中の我が家ですが、マイホームにロフトを設けようかなと思っています。
ロフトのある家は子どもが喜ぶ家になると思います。ロフトを秘密基地のように感じ、そこで遊ぶ時間は楽しさも倍増することでしょう。子どもが小さいうちはロフトを遊ぶスペースとして活用し、成長し使わなくなれば収納スペースとして活用するのもいいと思います。
時にはパパと子どもが昼寝をするスペースとして活用するのもいいでしょう。

どのような活用法をするにしろロフトへの移動が大変だと思います。傾斜の激しい階段を上り下りするのは小さい子どもであれば尚更危険で目が離せません。ロフトへ上がるための階段を安全性が高く且つ機能性にも優れていたらロフトをさらに有効活用させることができると思います。階段部分は安定感を高めるため階段幅を確保し壁に手すりを設けておくと安全です。このロフトに上がるための階段に収納機能を兼ね備えておくことで機能性も高まります。収納はたくさんあるに越したことはありません。空間をスッキリさせるためには収納スペースは欠かせません。ロフトへの楽しみ方が高まるだけでなくロフトへの階段にも注目するとより楽しく機能性に富んだ空間となるのです。

私はロフトのある賃貸住宅に住んでいたことがあります。最初は好奇心が高く活用していたのですが、階段の上がり降りが面倒になり次第に全く使わなくなりました。ロフトを使う際にいちいち階段を出したりしまったりがわずらわしかったからです。このように安定感があり安全性が高い階段にして加えて収納もできる階段となればいつまでもロフトを楽しめると思います。

瑕疵担保責任

売買した建物に欠陥があった時、買い主は売り主に対して担保責任を追及出来る。

これを瑕疵担保責任という。

特約もあるが、それは宅建法上では無効である。民法上では有効である。
では実際に購入した物件に瑕疵があった場合、買い主は売り主に対して、どんな責任を問うことが出来るのか。

契約の解除、または損害賠償請求である。

ただし、その権利を主張できるのは、瑕疵を発見してから一年間のみとなる。

この場合、売り主は善意無過失でも責任を負わなければならない。

さて、しかし特約もある。特約を結べば、この限りではない。

『売り主に過失がある場合に限る』などや『契約の解除はできない』さらに『責任は一切なし』という特約まで結べる。

責任を一切負わないことを免責特約という。

これの特約を結べば、すべて有効となる。

しかしこれは、あくまで民法上のことである。

もしも売り主が業者であった場合は、宅建業者が適用される。

これも八種制限のひとつだ。

基本的にこの制限では、買い主に不利な特約は結べないとなっている。

瑕疵の責任を負うのも、民法で定める一年間とは違い、二年間となっている。仮に二年未満で契約した特約は無効となる。

三年間で契約したなら有効だ。

買い主に不利な特約とならないからである。

さらに売買物件が新築住宅であり、柱や梁などの構造耐力上主要な部分、雨水侵入防止部分に欠陥があった場合は、宅建業法ではなく品確法の適用がある。

この場合、瑕疵補修請求もできる。

権利の行使期間も引き渡しから十年間と長く、優遇されている。

痛!

  Aさんが言うには知り合いのおじいさんがある日「ばあさんが来ておる!」と言うのですがおばあさんはもう亡くなってしまっているのですが知人は「来てないよ。」と言うと「お前のすぐ後ろに立っておるだろうが!」と言われ流石に知人も寒気がしたそうですがその数日後おじいさんは亡くなったそうでどうやら迎えに来たのではないかという話しになったそうです・・・Aさんの顔色が悪いようですが実はいい歳してお化けが大の苦手のAさんです。

さて父親と共同で二世帯住宅を建てる事になったAさんですが土地選びから建築まで任されており責任重大です。

考えているのですが土地を不動産屋に探してもらいその土地に合う建物を建てた場合はたして希望通りの建物が建つのでしょうか?

土地の方角や形によって建て方はある程度限定されるでしょうしまさか建物を先に設計してちょうど合う土地を探すなどといったら至難の業になってしまいます。

そういえばAさんの知り合いの不動産屋の社長に不動産業を継ぐ前は建設会社の設計の仕事をしていた人がいるのを思い出しました。

ただこの不動産屋はAさんが希望している地域はテリトリーではないので探してもらう訳には行かないでしょうが一応相談してみる事にしました。

そして相談してみると悩みは一発解消しました。

やはり以前建設会社にいただけあって建築屋に色々つてがあり良い建築屋を紹介してくれるそうでその建築屋に自分の希望を話し建築屋が十分構想が出来るようになったら建築屋とAさんと不動産屋で打ち合わせをして今度は不動産屋がAさんの希望を把握できたら実現出来る土地探しをしてくれるというのです。

この不動産屋とは20年近い付き合いですがまったくAさん感激です。

さぁこれでAさんの新潟に新築するという建築計画は本格始動となったのでした。

さて皆さん、建売は個性がない注文住宅を建てたいと思いませんか?建築屋と不動産屋を連携して上手く使えると良い住居になりそうですがいかがでしょうか?

工法

 住宅を建設するのにはいろいろな工法があります。

プレハブ工法は工場であらかじめ生産そして加工してから現場に持ち込み組立をするとういものです。このプレハブのメリットは工期が短くまたそれにより天候に左右されることが少なくなるということです。

大手ハウスメーカーはこのプレハブ工法を使用しているとこころが多いです。建築途中の現場を見ているといつの間にか骨組みが出来上がっている場合がよくあります。大きなトラックに箱のような形をしたものがいくつか運び込まれ、数時間で組立おおよその家の形が出来上がります。その後屋根や室内の工事に移るわけですが、室内に建築資材を保管することで雨風から避けることもできますね。たとえば梅雨の季節に建築中だとせっかくはった床板が濡れたりした場合施主の立場からすると多少心配になりますよね。そのような不安が解消される意味ではこの工法はとても機能的です。 

また昔ながらの在来工法であったり、2×4工法などもあります。どの工法もそれぞれに利点があります。施主の方は建てたい家にあった工法を選び機能的な住宅を建築するのがいいでしょう。

そうなると工法を含めたメーカー選びも重要です。

大手ハウスメーカーであれば広告やTVコマーシャル等で目にする機会が沢山ありますが、宣伝などあまりしていない街の工務店さんが意外といい場合もあります。細やかな作業で理想的な住まいの提案など細部にまで相談に乗ってくれたり地元であれば土地勘や業者同士のつながりなどもあり、よりいい状況を生み出してくれます。

浴室の壁

 住まいを建てる時、やはり、「自分らしさ」や「自分たちの家族らしさ」をどこかに表現したいと思います。

ある人は、自分でどうしてもとこだわった無垢の杉板のフローリングであったり、ある人は、家族の存在が感じられる間取りであったりします。

私の友人は、御主人と行った旅行の思い出を壁に残すことにしました。もう20年前になりますが、京都山科に行きました。山科に観修寺という寺院があります。そこに「観修寺氷池園」という池のある庭園がありますが、夏にはそこに睡蓮の花が咲きます。御主人とそのお寺の前を通った時、僧侶が、「今、睡蓮の花が咲いています。どうぞ、ご覧ください。」と言われたそうです。そこで、庭園内に入ると、今、まさに開いた睡蓮を見ることができました。彼女は。その時の感激を「自分は熱心な仏教徒ではないけれど、あの睡蓮が咲いている光景を見て、極楽って、こんなところかな。」と語っていました。その写真をモザイク画にして、1センチ四方のタイルで、モザイク壁画にして、浴室の壁の一部にしました。住まいの中庭には、睡蓮鉢を何個か置いて、睡蓮を植えていますが、お風呂に入る時は開花していないので、モザイク画にしたそうです。

あの頃は、不妊治療中で、一番つらい時期だったそうです。そんな時に、御主人が気分転換に京都旅行に誘ってくれました。

結局は、子どもは授からなかったけれど、どんな結果になっても、夫婦二人で生きていこうと思えた旅行でした。お風呂に入るたびに、夫婦の原点に戻れるような気がするそうです。夫婦や家族には、その数だけ歴史があります。住まいも又、家族の数だけさまざまな形があります。それでこそ、愛着ある自分達らしい我が家になっていくのです。

地震・・・

東北で大地震が起こった。

被災地の惨状をテレビで見ながら被害の甚大さにおどろいている。

津波に家を流されてしまった人がたくさんいる。

こんなニュースを見ているともしも私の住んでいるところで大地震があったらどうすればいいのかわからなくなってしまうだろうな。

家族と離れ離れになった女の子や、自分だけ助かって奥さんが波に流されてしまった人、食べるものも寒さをしのぐものも電気もなくて、避難所になっている体育館で寒い思いをしている人たち。

たくさんの被災者を報道で見ている。

発生直後よりはだいぶ落ち着いてきたようだけれど、ずいぶんとつらい思いをしたことだろう。

我が家の工事は外壁が貼られて家の形が見えてきたところ。

でも、今回の地震の影響で我が家は建材の入荷がストップしてしまい、できるところまで造り上げたらしばらく工事が止まるかもしれないという話があってちょっと心配になっている。

この先、金利も上がってしまうだろうし。

東北の人たちは家がないのだから、そちらが優先になるという話もある。

まだ、着工していなければもう少し落ち着いて被災した人たちのことを考えたいけれど、私たちの家がこのままの状態で工事がストップするなんて考えたくない。

だけど、住宅会社のほうもほとほと困り果てている状態らしい。

このままは、地震による二次災害のように倒産する工務店も出てくるのではないだろうか。

そうなったとき、補償はどうなるんだろう?そんなことを考えていると眠れなくなってしまう。

大分の土地でも入らないということで全国的にきびしいのだろう。

被災地の復旧ももちろん願っているけれど、早く日本の流通が元のとおりに戻ることを願うばかりだ。

GOGO!契約!

題だけ見ると、私はどこかの営業マンと間違えられてしまいそうだけど、ちがうよ。

私たちの家造り、ついに契約、そしてGOサインが出た!

土地を買ってからが長かったから、建物を決めてからは早く進めたくて仕方なかった。

だけど、落ち着いて考えさせてもらって、いい家造りの第一歩が踏み出せたように思う。

サラダホームの皆さんと、妻と私との家造り。

子供が産まれたらという夢はまだ捨てずにいるし、新しい家はきっと、私達にいい影響をくれると思う。

よろしくお願いします。

ってみんなで笑顔の記念撮影をした。

大分で新築の注文住宅。

夢の第一歩!うれしい~。

家に帰って妻がコーヒーを入れてくれた。

「ついに始まるよ。いい家が建つよ。嬉しいなあ」

と言った私に妻が

「いい家が建てばそれでいいよ。

あとはふたり健康で仲良く居よう。

漆喰の家なら、長生きできそうだし」と言って笑った。

人生に大切なものなんてそんなにたくさんないと思う。

今回たまたま私たちは家を建てることができるようになったけど、もしも家を建てることができなかったとしても、私たちはマイホームナシの幸せを見つけることができたのではないかと思う。

子供が居ないことも、決して下向きに捕らえるのではなくて、二人でいつまでも仲良く暮らせるようにそういう運命だったんだと私は思っているし、妻もいろいろ考えるところはあると思うけれど、今を楽しく生きたいといつも言っているから大丈夫だと思う。

注文住宅を建てる夢が実現するにあたってこれからもっともっと幸せになるぞと誓った私だった。