Archive for the ‘夫婦’ Category

浴室の壁

 住まいを建てる時、やはり、「自分らしさ」や「自分たちの家族らしさ」をどこかに表現したいと思います。

ある人は、自分でどうしてもとこだわった無垢の杉板のフローリングであったり、ある人は、家族の存在が感じられる間取りであったりします。

私の友人は、御主人と行った旅行の思い出を壁に残すことにしました。もう20年前になりますが、京都山科に行きました。山科に観修寺という寺院があります。そこに「観修寺氷池園」という池のある庭園がありますが、夏にはそこに睡蓮の花が咲きます。御主人とそのお寺の前を通った時、僧侶が、「今、睡蓮の花が咲いています。どうぞ、ご覧ください。」と言われたそうです。そこで、庭園内に入ると、今、まさに開いた睡蓮を見ることができました。彼女は。その時の感激を「自分は熱心な仏教徒ではないけれど、あの睡蓮が咲いている光景を見て、極楽って、こんなところかな。」と語っていました。その写真をモザイク画にして、1センチ四方のタイルで、モザイク壁画にして、浴室の壁の一部にしました。住まいの中庭には、睡蓮鉢を何個か置いて、睡蓮を植えていますが、お風呂に入る時は開花していないので、モザイク画にしたそうです。

あの頃は、不妊治療中で、一番つらい時期だったそうです。そんな時に、御主人が気分転換に京都旅行に誘ってくれました。

結局は、子どもは授からなかったけれど、どんな結果になっても、夫婦二人で生きていこうと思えた旅行でした。お風呂に入るたびに、夫婦の原点に戻れるような気がするそうです。夫婦や家族には、その数だけ歴史があります。住まいも又、家族の数だけさまざまな形があります。それでこそ、愛着ある自分達らしい我が家になっていくのです。

GOGO!契約!

題だけ見ると、私はどこかの営業マンと間違えられてしまいそうだけど、ちがうよ。

私たちの家造り、ついに契約、そしてGOサインが出た!

土地を買ってからが長かったから、建物を決めてからは早く進めたくて仕方なかった。

だけど、落ち着いて考えさせてもらって、いい家造りの第一歩が踏み出せたように思う。

サラダホームの皆さんと、妻と私との家造り。

子供が産まれたらという夢はまだ捨てずにいるし、新しい家はきっと、私達にいい影響をくれると思う。

よろしくお願いします。

ってみんなで笑顔の記念撮影をした。

大分で新築の注文住宅。

夢の第一歩!うれしい~。

家に帰って妻がコーヒーを入れてくれた。

「ついに始まるよ。いい家が建つよ。嬉しいなあ」

と言った私に妻が

「いい家が建てばそれでいいよ。

あとはふたり健康で仲良く居よう。

漆喰の家なら、長生きできそうだし」と言って笑った。

人生に大切なものなんてそんなにたくさんないと思う。

今回たまたま私たちは家を建てることができるようになったけど、もしも家を建てることができなかったとしても、私たちはマイホームナシの幸せを見つけることができたのではないかと思う。

子供が居ないことも、決して下向きに捕らえるのではなくて、二人でいつまでも仲良く暮らせるようにそういう運命だったんだと私は思っているし、妻もいろいろ考えるところはあると思うけれど、今を楽しく生きたいといつも言っているから大丈夫だと思う。

注文住宅を建てる夢が実現するにあたってこれからもっともっと幸せになるぞと誓った私だった。

妻との約束

家を建てようと土地を買ったときに妻と約束をした。

大分で新築の注文住宅を建てる。

その後、建てた家を絶対に売ったりしない」と。

払えなくなって家を手放す人がいる。

工務店の集客チラシなどを見てみると今はタイミングもいいようだ。

私たちは今のタイミングで全期間固定の住宅ローンを組もうとしている。

そうすればこの先、金利の変動がなく、物価の変動にも金利の上昇にも対応することができるだろう。

少々余裕を持った支払いにしておけばこどもが生まれたからと言ってあわてる必要もないと思うし。

そうやって危険回避をしておけば注文住宅を新築してから子供が生まれてもリスクは少ないのではないかと思っている。

でも、それは今だからの話。

今は空前の超低金利時代と言われている。

そんな今だからこそ、全期間固定がお勧めになるとある住宅メーカーで教えてもらった。

その話を自分で何度も考えてみたけれど、やっぱりいいこと聞いたと思う。

これをつかわない手はないとも思う。

だから今の内に大分で新築の注文住宅を建てたいと思っている。

住宅ローンを支払えなくなって家を手放すのはある意味仕方がないかもしれない。

ローンの組み方ひとつで後の支払いが変わってくることは全期間固定の話を聞いたときに聞いて、理解した。

間違いのない住宅ローンを組んで尚、ローンの支払いができなくなったりするということは給料が減ったとか、病人が出て莫大な治療費がかかったとか以外特別な事情なんてそんなにないと思う。

つまり、妻が言いたいのは「余計なところで借金を作るなよ」ということらしい。

わかってますよ。

彼女の父親は彼女が幼いときに借金を作って家を出て行った人。

それを思うと切ない。

大丈夫だよ。任せて!

彼女とゆびきりをして約束をした。

妻と二人で

結婚して12年。

なかなかこどもができないので気晴らしにいろんなことにチャレンジしています。

スカイダイビングやスキューバダイビング、歌舞伎を観に行ったり海外旅行をしたり・・・。

お金、一杯かかりました。

ゼイタクな話ですが、子供が居なくて二人で働いていたらこのくらいのことはできました。

その分貯金をしていたらもうとっくに大豪邸が建っていたかもしれません。

けれど、子供ができて妻がいつ仕事を辞めるかわからないと思ったらそれまでにやりたいことをやっておきたかったのです。

不妊治療はしませんでした。

どちらが犯人かを突き止めるのは嫌だと妻が言ったのです。

犯人という言い方は私も嫌だったのですが、どちらかに何らかの原因があるということがわかれば、もしかすると正常なほうのひとりが違う人の元に走ってしまうかも、なんて考えたりして。

それに原因を突き止めたからと言ってそれ以上のことをするつもりもなかったので、私たちは二人でもいいねという選択をしました。

もしかすると子供が生れるかもしれない。

でも、もしかすると夫婦二人っきりかもしれない。

二人っきりだったら子供部屋にと作った部屋をひとり一部屋づつもらおうね、って夢を別の方向に持っています。

妻も私も楽観的なのでこういうときには笑い飛ばすことができます。

もちろんそうでないことも多いですが少しでも笑いのネタを二人で見つけられたら嬉しいことだと思っています。