Archive for 10月, 2014

洗面脱衣所

我が家はマイホーム購入に向け土地の広さや間取りなどを考えている最中です。
女性にとってキッチンと同じくらい重要なのが洗面脱衣所です。
しかし洗面脱衣所を広々と確保するという人はあまりいません。
限られたスペースをいかに上手に活用し家事のしやすい空間にくるかが重要になってきます。

洗面脱衣所には洗面化粧台に加え洗濯機を置きます。
洗濯関連用品に加え、タオルや部屋着などを収納する収納スペースも必要となってきます。
広さに限りがあるからこそ効率的な収納造りがポイントになってきます。
まずは収納量の多い洗面化粧台を選ぶことです。
洗面化粧台に歯ブラシや整髪料、髭剃りなどの物をきちんと収納し、ハンドソープやシャンプーなどの在庫もしっかり収納できる空間があると便利です。

そして洗面化粧台以外に収納スペースをどれほど確保できるかも重要になってきます。
洗濯機の上や壁の上方部分に空いたスペースはありませんか。
このような空間を上手に活用して吊り戸棚を設けたり、壁に埋め込みタイプの収納庫を設けるのもいいでしょう。
私の祖父宅には洗面脱衣所に床下収納庫を設けています。
このように収納スペースを充実させることで使い勝手のいい洗面室となるのです。
この洗面室は1坪確保すれば洗濯機と洗面台を置いてもスペースに余裕があると言われています。
収納もたっぷり取れるので主婦には嬉しいこと間違いありません。

また座ってお化粧をしたり、ちょっとした室内用洗濯物干し場や洗濯物を仕分けするカウンターを設けることができる広さでもあるので居心地のいい空間となるのです。
女性にとって重要な場所である洗面脱衣所のあり方もきちんと考えておきたいものです。

空間を自由にアレンジ

子どもが成長する過程によって、自分達が高齢になった時のこと、来客者の宿泊部屋など状況に合わせて求める空間のあり方は変わってきます。
その時々で空間を自由にアレンジできるように家造りを進めて行きたいと思っています。

まず家族がみんなで過ごすリビングです。リビングを広々と確保する人は多いと思います。
このリビングの一角に可動間仕切りを設けるといいと思います。
ホームパーティーをする際や、家族がみんなで開放感たっぷりでくつろぎたい時などは間仕切りを開けて広々と空間を使い、冷暖房効率を高めたい場合やリビングに個室を設けたい場合は間仕切りを閉めて使うことでリビングを自由にアレンジできるのです。

家庭訪問や来客者を通す客間を設けない家庭もあると思います。
このように間仕切りを設けるだけでいざという時に個室となり様々なシーンで活躍できるのは大変便利です。
この空間は来客者の宿泊部屋として使うにも、自分達が高齢になった時の寝室として活用させてもいいでしょう。
使い方の幅が広がるのも可動間仕切りを設けるメリットだと思います。

一階だけでなく二階にも可動間仕切りを活用させることができます。
子どもが小さい内は兄弟仲良く遊ぶことも多いです。
一人ずつに個室を与えるよりも一つの広い空間で共に遊び共に勉強し過ごすことの方がいいのです。
成長しそれぞれの個室が必要になれば可動間仕切りを使い個室を造ることで対応するのです。
収納タイプの間仕切りもあるので子ども部屋にはこのようなタイプの間仕切りで対応するのも便利です。
その時々で空間を自由にアレンジできる家はまさに理想の家です。