Archive for 6月, 2016

家事動線

専業主婦である私が家造りで大事にしたのが家事動線です。家事には365日休みがありません。自分が高齢になった時まで続くものでもあるので、できるだけ不満やストレスを感じない、家事を楽しみながら行える環境を整えておきたいと思ったのです。家事動線に配慮することで、家事の効率も高まりますし、家事の時短も夢ではありません。家事を効率良く、そして楽しみながら行えるようにしておくと住宅への満足度を高められるのです。

家事の中心はキッチンです。このキッチンからの動線が一番重要です。まず一日三度ある食事の支度。そこで我が家は、キッチンとダイニングを真横に配置しました。真横に配置したことで、キッチンとダイニングの動線が短くなるだけでなく、横移動で移動のしやすさも高いのです。配膳がスムーズですし、食後の片付けも効率良く行えます。また作業スペースとしてダイニングテーブルを活用できるのも便利です。

そしてキッチンで家事をしながら洗面室で別の家事を同時進行で行うことも多いです。それだけにキッチンと洗面室の動線もできるだけ短くしておいた方がいいのです。我が家はキッチンの裏に洗面室を設けました扉一枚で行き来ができ、動線も短いので同時に2種類の家事を行うのも全く不便さを感じません。

そしてこの洗面室では洗濯を行います。洗面室から洗濯物干し場への動線も大事です。我が家はリビングの先にウッドデッキを設けています。ここに洗濯物干し場を設けました。洗面室からの動線は短く、また小さい子どもの様子を確認しながら洗濯物干せるので家事を育児の両立もしやすいのです。家事動線に配慮した家造りは主婦の味方となってくれるのです。