LDKにメリハリを

最近ではLDKの境に壁や間仕切りなどを設けず一体化したLDKが設けられることが多いです。壁や間仕切りがないことで、空間的な繋がりを感じられるため広さや開放感が得られるだけでなく、家族のコミュニケーションが取りやすい住まいとなるのです。しかし、壁や間仕切りが全くないというのも空間が間延びしてしまいますし、空間のメリハリも損なわれてしまいます。空間にメリハリをつけることで、生活にもメリハリが生まれるので、適度にメリハリをつけてより暮らしやすい住まいに仕上げたいものです。

空間的な繋がりを大事にしながらも、それぞれの空間をゾーニングするには高低差をつけるのが有効的です。最近ではリビングに隣接した和室が設けられることも多いです。洋風空間と和の空間が隣り合わせに配置されるので違和感を感じないようにしておきたいものです。このような場合、和室を小上がりにして高さを設けることで、空間的な繋がりは大事にしながらも洋と和の空間にメリハリも生まれます。

また、家族がくつろぐリビングをよりくつろげるようにリビング部分をダウンフロアにするのもいいと思います。ダウンフロアにすることで天井が高くなり、広さを感じますしこもり感がリビングの居心地の良さを高めてくれるのです。他には、ダイニングとリビングの境に木の面格子を設けておくのもいいでしょう。この面格子がLDKのアクセントにもなりますし、互いの視線を緩やかにカットできます。しかし明るさはしっかり通すため閉鎖的な印象になることもありません。LDKのメリハリをつけながらより居心地のいい空間造りをしましょう。

Comments are closed.