階段の位置

私の仲のいい友人に新築を建設中の人がいます。私もマイホーム購入を検討しているだけにその友人に会うと住宅について話すことが多くなりました。私の一歩先をいくその友人の話は大変勉強になります。その中で一番勉強になり、また悩む点でもあるのが階段を設ける位置です。

2階と1階を繋ぐ階段ですがこの階段のある位置によって生活環境や住宅の快適性が大きく変わってくるというのです。最近ではリビング内に階段を設ける間取りが増えてきました。しかしその友人はリビングには設けず、玄関近くに階段を設けるようにしたのです。理由を聞いてみると、まずは冷暖房の効率を考えての決断、そしてリビングの空間に階段があると圧迫感を感じるということでした。

実際、リビングに階段を設けている間取りにした知人が、冷暖房の効率が悪いと話していました。なので階段前に扉を設け冷暖房の効率を良くしたというのです。リビングに階段を設けることの魅力としては家族がいつも顔を合わす機会が増えるということです。家族がいる場所に階段を設けることでコミュニケーションの取れやすさにも関わってきます。何を重視するかによっても階段を設置する位置は変わってくるのかもしれません。

何気なく使っている階段ですが、使用頻度は高くその階段の位置で住宅内の間取りも大きく変わってきます。見落としがちな部分ですがこのような部分にまで目を向けることで住みやすさや住宅への満足度も変わってくるのだなと改めて感じました。新築住宅の階段の位置を考え最高の間取りになるようにしたいと思います。

Comments are closed.