作り手に伝えたいライフスタイル

ライフスタイルとは、それぞれの生活の仕方や生き方のことです。収納計画を立てるときに必要な物に関わるライフスタイルや動線について考えてみました。
 
収納に関わるライフスタイルの例を見てみましょう。
子供はどこで勉強しますか?・・・大きくなれば子供部屋で勉強することが多いですが、小学生の間はダイニングや、リビングでする等、家庭によって違います。ダイニングやリビングで勉強をする場合には、勉強道具を収納できると便利です。宿題だけするのか、それとも学校の道具すべてをリビングやダイニングに置いておくのかによっても収納空間が変わってきます。
お化粧をする場所は?・・・昔は三面鏡を和室や寝室に置いて、そこでお化粧する人が多かったのですが、今は三面鏡だけでなく、洗面化粧台でする人、またはリビングでする人まで様々です。リビングでするのであれば、リビングにお化粧セット置き場をつくってみてはどうでしょう?
下着はどこに置くか?・・・自分の部屋に置く、洗面脱衣室にまとめて置く、子供が小さい間はリビングに置く家庭も多いのではないでしょうか?子供が小さいうちだけなので、可変を持たせなければなりませんが、10年近くリビングに下着や子供服を置く場合もあります。先を見越して収納計画を立てましょう。

このように細かくライフスタイルを考え、朝起きてから寝るまでの動線を図面上で描いてみます。朝の着替えや掃除、洗濯機から取り込むまでの動線などを描いていくと、使う物がどこに収められていれば一番便利なのかがわかります。
ライフスタイルと間取りが合っていないと、生活しにくく片付かない空間になってしまいます。自分にとって一番よい収納場所について考えてみてはいかがでyそう?

Comments are closed.