キッチンパントリー

キッチンに欠かせないパントリー。どうせ設けるのであれば、ウォークイン型のパントリーを設け、食材やキッチン関連用品を大容量に収納できるだけでなく、ママのワークスペースとして、また外との繋がりを持たせてゴミ箱の管理や買い物からの帰宅時に荷物の搬入がしやすいパントリーを設け、家事がより行いやすい環境を整えておきたいものです。

キッチンとパントリーの境には建具を設けずアーチ状の垂れ壁で繋ぎます。物を出し入れする機会も多いだけに建具がないことで物の出し入れの際に建具を開けたり、閉めたりする手間が省け、行き来のスムーズさを確保できます。入って片側には食材や調理器具などをしっかりと整理できるようにします。収納する物に合わせて浅型の棚と奥行のある棚を設けておくと、物が整理しやすく、また出し入れのしやすさ、物の把握のしやすさが高まります。食べ物を収納するだけに賞味期限などしっかりとチェックしやすく管理しておける環境を整えておきたいものです。

そして、反対側にはカウンターを造り付けママのワークスペースや家事や育児の合間の休憩スペースとして利用します。リビングから見えない部分に自分の居場所があることで、個室で過ごしているかのように自分の時間をより大切にできるのです。裁縫をしたり、家計簿をつけたり、子ども達のスケジュール管理や宿題のチェックなどここで行うことができます。また、キッチンで煮込み料理の煮込んでいる時間にコーヒー片手にくつろぐのもいいでしょう。

そして、パントリーに勝手口を設け外との繋がりを確保します。土間部分には分別ごみを並べて整理することができますし、カーポートとの動線にも配慮しておけば買い物の荷物を車からパントリーへとスムーズに搬入できます。荷物を運ぶ手間が省けますし、食材の整理のしやすさも高まります。利用しやすいパントリーを設けたいものです。

Comments are closed.