1坪洗面室

我が家の洗面室の広さは1坪です。今までは洗面室の広さというと1坪というのが一般的な広さでした。しかし、最近では1坪以上の広さに余裕のある洗面室が設けられることが多いです。しかし、1坪でも工夫次第で十分利用しやすい洗面室になると感じています。限られた広さの空間となるだけにデッドスペースを生まないことが第一です。

そこで洗面室の扉を引き戸にしました。引き戸なら扉の開閉時にデッドスペースを生まず空間を効率よく利用できます。そして、窓は天井近くの高い位置に横長のものを設置しました。高い位置に窓を設けることで壁面を確保できますし、物で窓をふさぐこともありません。そのため明るさをしっかりと確保できますし、チェーンで開閉できるものにしているので風通しもしっかりと得られるのです。

この窓の下に洗面化粧台と洗濯機を横並びに配置しています。これら二つの間には30㎝ほどの隙間が生まれます。ここの隙間には洗面化粧台の高さと奥行を合わせた隙間収納を設けています。わずかな収納スペースのようにも感じると思いますが、お化粧道具やヘアアイロン、洗濯用洗剤やタオル類など意外とここの収納スペースや役立っているのです。そして、洗濯機の上部の壁面を利用して可動オープン棚を設けて、ここに家族の下着やパジャマを収納しています。このように限られた広さでも工夫をすることで必要な物がきちんと揃い、利用しやすい空間を実現させることができるのです。

Comments are closed.