工法

 住宅を建設するのにはいろいろな工法があります。

プレハブ工法は工場であらかじめ生産そして加工してから現場に持ち込み組立をするとういものです。このプレハブのメリットは工期が短くまたそれにより天候に左右されることが少なくなるということです。

大手ハウスメーカーはこのプレハブ工法を使用しているとこころが多いです。建築途中の現場を見ているといつの間にか骨組みが出来上がっている場合がよくあります。大きなトラックに箱のような形をしたものがいくつか運び込まれ、数時間で組立おおよその家の形が出来上がります。その後屋根や室内の工事に移るわけですが、室内に建築資材を保管することで雨風から避けることもできますね。たとえば梅雨の季節に建築中だとせっかくはった床板が濡れたりした場合施主の立場からすると多少心配になりますよね。そのような不安が解消される意味ではこの工法はとても機能的です。 

また昔ながらの在来工法であったり、2×4工法などもあります。どの工法もそれぞれに利点があります。施主の方は建てたい家にあった工法を選び機能的な住宅を建築するのがいいでしょう。

そうなると工法を含めたメーカー選びも重要です。

大手ハウスメーカーであれば広告やTVコマーシャル等で目にする機会が沢山ありますが、宣伝などあまりしていない街の工務店さんが意外といい場合もあります。細やかな作業で理想的な住まいの提案など細部にまで相談に乗ってくれたり地元であれば土地勘や業者同士のつながりなどもあり、よりいい状況を生み出してくれます。

Comments are closed.