Posts Tagged ‘収納’

動線に配慮した収納スペース

家造りを行う大部分の人が収納に力を入れることと思います。収納は一か所に大きな収納スペースを設けているだけでは満足度に繋がりません。もちろん大型の収納庫があると便利ですが、必要な場所にきちんと必要な物を収納できるようにしておくことも大事です。物を収納できるだけでなく、収納している物を出し入れしやすいようにしておくことも大切です。

そこでまず場所によって、どれだけ収納しておきたいものがあるかを把握することが大事です。それに合わせて収納スペースを確保します。加えて動線に配慮して収納スペースを設けることを忘れてはいけません。

例えば、玄関と洗面室の間にウォークスルークローゼットを設けます。そうすれば、帰宅してこのクローゼットに着ていた上着やカバンをしまい、その先の洗面室で手洗いを行い、リビングへ向かいます。帰宅してからリビングまで住宅内を行ったり来たりする無駄な動きがなく、スムーズに移動ができるのです。帰宅してリビングに直行すると外出先で着ていた上着が脱ぎっぱなしになっていたり、カバンが床に散らかり、手洗いへ行くのも面倒になりがちです。リビングに物が散らかるのを解消させるために、そして手洗いがスムーズに行えるように玄関とウォークスルークローゼット、洗面室、リビングと動線を意識するのです。

また、家事を行う上でキッチンと洗面室は一日何度も行き来を行います。この二つの空間を繋ぐ形でウォークスルー収納を設けます。通路の片側をキッチンパントリーとして、もう片側を洗面クローゼットとして利用すれば、行く先で必要な物をサッと取り出し利用できるのです。動線に注目して収納スペースを設けことでより満足度の高い住まいとなるのです。

収納

収納を充実させることが住宅の満足度や快適性に繋がります。
収納には隠す収納と見せる収納があります。
これを上手に組み合わせることで一層満足度と快適性に結びつくのです。
洗面室やキッチンは生活で日々必要な物が溢れています。
洗面室においては歯ブラシや、歯磨き粉、ドライヤーに髭剃り、整髪料などの生活感の出やすいものは隠して収納することで洗面室がスッキリと生活感を感じさせない空間となります。

キッチンにおいては見せる収納でオシャレにキッチンをまとめている人も多いです。
フックにフライパンなどの調理器具を見せて収納するのです。
調理器具がキッチンのインテリア効果を与えてくれますし、またサッと必要な調理器具を取り出せ調理の効率を高めてくれるのです。
しかし私は見せる収納は苦手ですし、空間をよりスッキリと見せたいという人には見せる収納は向いていません。
キッチンは全て隠して収納することで居心地のいいキッチンにすることができるのです。
床から天井まで埋め込んだカップボードを使用して日々使用する炊飯器や電子レンジ、ポットといった家電までもカップボード内に隠して収納することで全く生活感の感じさせないキッチンにすることができます。

またキッチンのゴミ箱について悩む人も多いです。
このゴミ箱もカップボード内にビルトインすることでスッキリと行き来のしやすいキッチンになるのです。
しかし隠す収納ばかりでは住宅が殺風景になるのでリビングに本棚を設けて本をリビングのインテリアになるように収納しておくのもいいと思います。
見せる収納と隠す収納を上手く組み合わせてオンリーワン住宅にしたいです。