Posts Tagged ‘工務店’

失敗しない家造りをするには

私の周りにも新築住宅を購入している人は大変多いです。
我が家もそんな友人達に続いて新築住宅を建てる決意をしました。
住宅購入は人生最大の買い物となります。
後悔や失敗をしたくはありません。それだけについつい慎重になってしまいます。

失敗しない家造りをするには一番重要なのはハウスメーカー選びではないでしょうか。
このハウスメーカーとの出会いによって自分達が理想とする家を実現できるかどうかが決まってくると思います。
特に注文住宅でよく聞くのは自分が思い描いていたものと完成が違いトラブルになることです。綿密に打ち合わせをしてもこのような結果になる場合もあります。

そこで大切なのが互いの信頼関係だと思います。
家造りをする人の大半が住宅に無知な人です。より信頼できる相手でなければ高額な住宅を任せることはできないのです。ハウスメーカー選びを一番重視するべきだと思います。

他には予算をはるかにオーバーしてしまったという失敗談です。
ハウスメーカーを選ぶ際には利益主義でない方がいいと思います。
金額がかさむ変更を検討する場合には節約できる提案も同時にしてくれるような良心的なハウスメーカーと出会いたいものです。
限られた予算でいかに満足できる家にするかはハウスメーカーの腕の見せ所なのです。信頼でき親身に我々の話に耳を傾けてくれるようないい業者との出会いが家造りを成功させるための秘訣だと思います。

大手ハウスメーカーから地元の工務店まで合わせると大変多いです。
その中から一社を選び依頼するのは非常に難しいですがここは妥協せず、しっかりと見極めなければいけないと思います。

GOGO!契約!

題だけ見ると、私はどこかの営業マンと間違えられてしまいそうだけど、ちがうよ。

私たちの家造り、ついに契約、そしてGOサインが出た!

土地を買ってからが長かったから、建物を決めてからは早く進めたくて仕方なかった。

だけど、落ち着いて考えさせてもらって、いい家造りの第一歩が踏み出せたように思う。

サラダホームの皆さんと、妻と私との家造り。

子供が産まれたらという夢はまだ捨てずにいるし、新しい家はきっと、私達にいい影響をくれると思う。

よろしくお願いします。

ってみんなで笑顔の記念撮影をした。

大分で新築の注文住宅。

夢の第一歩!うれしい~。

家に帰って妻がコーヒーを入れてくれた。

「ついに始まるよ。いい家が建つよ。嬉しいなあ」

と言った私に妻が

「いい家が建てばそれでいいよ。

あとはふたり健康で仲良く居よう。

漆喰の家なら、長生きできそうだし」と言って笑った。

人生に大切なものなんてそんなにたくさんないと思う。

今回たまたま私たちは家を建てることができるようになったけど、もしも家を建てることができなかったとしても、私たちはマイホームナシの幸せを見つけることができたのではないかと思う。

子供が居ないことも、決して下向きに捕らえるのではなくて、二人でいつまでも仲良く暮らせるようにそういう運命だったんだと私は思っているし、妻もいろいろ考えるところはあると思うけれど、今を楽しく生きたいといつも言っているから大丈夫だと思う。

注文住宅を建てる夢が実現するにあたってこれからもっともっと幸せになるぞと誓った私だった。

契約してください

契約してってこちらから言うのも変な話なんだけど、やっとこさプランと金額が決まって契約までの日程が見えてきた。

だけど、今度は契約の前に設計審査会議というものがあって本当にこの建物をこのまま建てて大丈夫なのか、外観はどうかとか、地震に対する耐力はどうかとか、あらゆることを話し合ってよりいい家に設計するんだということだった。

そして、それ如何ではせっかくできたプランが変更になることもあるとか。

えー、客の言ったとおりに作ればいいじゃない、と思ってしまったけど、これまた、そうじゃないらしい。

家造りのプロがお客様と話をするときに、その要望が家をよくするものならOKだけど、悪くするものを要望だからとOKするわけにはいかない。

ということらしい。

だから、こうはできないけどこういう風にはできますよ、といった形の提案をしてくれるんだそうだ。

その提案にお客さんがOKすればそれでGOだけど、NGだったらまたやり直すんだろうか?

きっとそうなんだろうな。

そうでなければこんなにこだわっている意味がない。

注文住宅を建てる会社は数あれど、こんなにこだわった会社は他にないんじゃなかろうか、って、この間も思ったっけ。

土地の調査ももう終わって、地盤もOKが出て、あとは建物の概要が見えてくるだけ・・・。

待ち遠しい。

妻はもう少し考えてもいいのに、なんて言っているけど、本当にもう少し考えたりしたらきっと収拾つかなくなる。

このまま、GOかSTOPか、結果が出るのを楽しみに待ちたいと思う。

プランの決定

見学会で漆喰の魅力に取り付かれた私たちは、自分たちも漆喰の家を建てたいとサラダホームへ契約をしに行った。

すると担当者が

「うちではまず契約はしていません。

プランを決定して、見積を出して、金額的にも納得をしていただいてからの契約になります」と。

客が契約するって言ってるのに、何だ?それは?お断りかよ?とちょっと腹を立てた私。

でも、担当者の説明を聞いていると

「まずは金額をはっきりさせてから契約しないと契約後にもろもろ増えてしまっては資金計画の意味がなくなってしまうし、融資もいくら申し込むのか曖昧になってしまう。

そういった危険を回避するために、うちではまず契約という流れにはしないんですよ。

それに契約書に印鑑を押してしまったらもう後戻りできないんですから、お客様にもキチンと考えていただく必要があります。」と。

うーん、納得。

いい会社なんだな。

この工務店は集客もあまりしていないらしい。

あまりお客様にこられると良質なサービスが維持できないからと言っていた。

よくわかったよ。

私たちの選択も間違っていないんだ。

よかったよかった。その日は要望を伝えて次回の約束をして帰った。

次回はプランと見積の提案。

そこから修正を加えて納得のいくプランと納得のいく金額になったら契約になるんだそうだ。

回りくどい気もする。

やっと見つけた住宅会社なのに、もっと早く進めたい、とも思う。

だけどそこは我慢というか、よりいい家を造るためにやらなくてはいけない前段階なんだろうな。

そういうことを教えてくれる会社もそんなにないと思う。

大分で新築の注文住宅を建てたいという思いをもった人は他にもいると思うし、大分で新築の注文住宅を建ててくれる会社も他にある。

だけどこうしてこの会社とめぐり合ったのは運命だと思う。

この縁を大切にしたい、そう思った日だった。

最近、気になっていた工務店で

見学会のご案内というチラシが舞い込んできた。

前に話題に出したことがあるけれど、35年間全期間固定の住宅ローンを教えてくれたサラダホームという会社。

土地を探していたときに通りかかった大分不動産情報サービスという会社の新築部門なんだそうだ。

子育て世代応援住宅というキャッチフレーズに最初はチョッと抵抗があった。

世代的にはちょうどいいのかもしれないけれど、うちには子供が居ないから。

それを私たちは気にしているから。

だけど話を聞いているうちにそんなこと何も気にならなくなった。

それにもし、これから新築の注文住宅が建つまでの間、妻が妊娠したとしてもこの会社なら楽しく家造りができそうだと思っていた。

私の希望の木造軸組みの家を建てているし。

じゃあ、見学会行ってみようか、ということになり、ちょっとだけ見に行ってみた。

平屋の家。真ん中に中庭があって、家中が明るい。

外壁も内壁も漆喰を使ったということで真っ白な壁が印象的。

妻が「明るい」と言った。

あまり人前でしゃべる人ではないのに。

この白さが気に入ったんだろうな。

私も気に入ったんだけれど。

そしてこの漆喰の白さは明るいだけに留まらず、空気清浄や湿度の調節効果もあるんだそうだ。

それは何ゆえ?と質問をすると自然のものが持つ自然の力だと。

漆喰は元々石灰石からできている。

何も混ぜていない本物の漆喰だからこそ、しっかりと空気をきれいにしたり湿度を保ったりできるんだそうだ。

すごい素材。

帰りの車の中で、やはり妻がこういった。

「漆喰、いいよね」

彼女は言い出したら聞かない。

こうして私たちの家造りはサラダホームにお願いすることになったのだった。